「うどん県PR団」として活躍するポケットモンスターのキャラクター「ヤドン」がデザインされたマンホールのふたが、高松市の商店街にお目見えした。

ヤドンも駆けつけ、ふたの完成を喜んだ。

高松市によると、ふたは同市の国の特別名勝・栗林公園にある偃月橋(えんげつきょう)を思わせる橋の前でヤドンが寝そべる図柄。商店街に足を運んでもらおうと、南新町▽田町▽常磐町-の3商店街が交差する南部三町ドームの下に設置した。

香川県とポケモン社(東京)は昨年、観光や県産品の振興に向けた「地域活性化に関する連携・協力協定」を締結。「うどん」と語感が似ており、コラボレーションを重ねてきたヤドンをPR役に起用した。

ヤドンをあしらったマンホールのふたは、宇多津町を除く県内16市町に順次設置される。

https://news.livedoor.com/article/detail/17126808/

チョイスがシュールすぎない?

ヤドンがマンホールデビューしました。

スポンサーリンク

 

私は小学生の時にポケモンが発売された世代ですので、

キャラクターについても知っているのですが、

チョイスが渋すぎますよね|ω・)

 

名前がうどんに似ているという理由も謎で、

経費の無駄

のような感じもしますが、

まあこういったユーモアが持てるくらいの社会であった方が良いような気もしてきますね。

 

ヤドンにはポケモンブランドがついていますから、

ご当地キャラが不満を持ちますよ。

こちらもどうぞ

→【ポケットモンスター】実写映画が全米公開決定⁉

→ポケモン最新作ポニータは【エスパー】‼

→漫画ポケットモンスターが11月号で【最終回】‼