東名高速であおり運転のうえ、エアガンを発射し、器物損壊の容疑で40歳の男が逮捕された事件で、男の知人が「エアガンを撃つことは遊び感覚だった」などと証言した。

スポンサーリンク

逮捕された佐藤竜彦容疑者(40)は、今月8日、愛知県の東名高速上りでワゴン車を運転中、前を走る車にエアガンを発射し、車に4か所の傷をつけた疑いがもたれていて、調べに対し容疑を認めている。

佐藤容疑者を知る人「(エアガンを撃つことが)日常茶飯事だったと思う。本人は罪の意識がそこまでなく、遊び感覚」

犯行に使われたワゴン車は今年7月に横浜市内で盗まれたもので、その後の警察への取材で、この車の中からBB弾およそ2000発が見つかっていたことがわかった。

また、今年7月から先月にかけて京都市や神戸市でも似たワゴン車によるエアガンのようなものを使ったあおり運転の被害が4件確認されていて、警察が関連を調べている。